引越って憂鬱ですよね。

自分がこれまで住んでいる場所の中で引越するならまだしも、全然住んだことのない所に引越すのは、とても憂鬱ですよね。
特にお子さんがいる場合は、学校のことも考えなければなりません。受験戦争を勝ち抜いて、せっかく入学した学校でしたら
なおさらです。そんな時はまず家族で、本当に全員で引越しをしなければならないのか、きちんと話し合ってみましょう。
大切なのは親が一方的に引越を子供に強制することではなく、子供の意見もきちんと聞いてやることです。子供は大抵転校が嫌なので、
「引越したくない」と言うでしょう。そんな時に親が頭から「わがまま言うんじゃない。」と押さえつけても、今後の生活がうまく
行くはずはありません。子供には子供のいい分がありますので、それをしっかり聞いてやることが一番大切です。

引越し 費用に関する情報はこちら

引越し費用の相場・業者選び|引っ越しサポートガイド

引越の時には梱包は自分でするほうがいいです

引越をするときには、できるだけ自分で梱包をしたほうがいいです。業者の人に頼むと、ダンボール箱に入れる荷物の量が少なくて、ダンボール箱の数が増えてしまって、その分、引越料金がかさんでしまうので、できるだけ自分で梱包したほうがいいです。
そして、梱包したら、中に何が入っているのか、マジックで箱の外に書いておくことが必要です。
部屋がたくさんあるときなどは、どの部屋に持って行くのかも箱に書いておくと便利でいいです。